« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

日経平均9連騰 バブル崩壊後初

それにしても10日連続反落したかと思えば、

9連騰・・・

1万円を回復しましたが、何か怪しいですね。

もう少し、じっくりと突破して欲しかったです。

しばらく、下げても上げても、我慢します。

これ以上の急騰があれば考えますが・・・

うーん、実体経済と選挙が問題ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ポートフォリオ 保有資産

国内株式

杉本商事
ナナオ
フェリシモ
イオン
ハドソン
KIMOTO
東部ネットワーク
KSK
乾汽船
日本電産リード
瑞光
ニチダイ
キング
大崎エンジニアリング

外国株式(個別)

JNJ
DIS
GSK

外国株式(ETF)

VTI
EEM
ICLN
IEV
EWZ
02806
02836

外国株式(投信)

AVEST-E
世界の豆の木
USベーシックバリューOP
ドリームパスポート
東欧ロシア株式ファンド
BRICS株式ファンド
アジアオセアニア好配当株式OP
ゴールドファンド
アジア優良株ファンド


その他
ニッセイコモディティファンド
IYR


バラバラと世界に分散投資してますが、
時期が来たら、これらをETF一本にまとめようと考えてます。

VT が楽天とSBIで購入できるようになったんですね。

| | コメント (47) | トラックバック (0)

6月のパフォーマンスと回顧

6月末時点で、
資産のパフォーマンスは年初比 +11.3%でしたwink

良かった点good

金融危機で荒れていた相場にも落ち着きが出てきました。
日経平均株価も1万円台を回復する場面もあり急回復。
それにつれて、資産も急回復しました。

特に、所有日本株式の回復が素晴らしかった。

3月末時点で考えていた様に、
日本株式を上昇局面で売却し、外国株式へシフト出来たので良かった。
今後は騰がった物を売って、下がった物を買います方向で考えています。

資産配分も徐々に目標に近づきました。

悪かった点sad

欲を言えば、日本株式を売るのが少し早かったかな。
近視眼的にならないように、株価チェック頻度を減らし、
中長期で相場を捉えるようにしようと思います。

今後の目標

現時点で金融危機はどうにか乗り越えられたました。
今後は、次のバブルに注意し、相場の過熱感や、
資産の急激な上昇期には買い増しは禁止し、現金化に努める。

そして、次の景気後退期に備えて、
そろそろ、売りも覚えたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »