« 日経平均9連騰 バブル崩壊後初 | トップページ | いけいけドンドン »

7月のパフォーマンス

資産のパフォーマンスは

年初比 +13.4% でしたhappy01

日経平均株価も1万円台を回復し、年初来高値を更新してます。
企業の四半期決算もまずまずのようで、
さらに底打ちを確認できそうです。

自動車も新興国では販売は好調のようです。
やはり、新興国が景気を牽引しているようです。

しかし日本株式の現状は、回復期待の株価回復のように思います。
まだ雇用情勢は悪化してますし、個人消費も回復していないようです。

今後の資産運用方針は、
国内株は仕込みは完了したので静観し、
買い増し、売却もしません。
ストロングホールドです。

外国株式は1ドル90円を割り込むような円高になれば、
買い出動します。それ以外は静観。

なので、ここからは景気回復をじっくりと2,3年待つつもりで、
ストロングホールド姿勢で臨みます。

じっくり我慢です、持ち株が急騰しても焦って売りません。
市場全体が加熱しるぎるまで待ちます。

|

« 日経平均9連騰 バブル崩壊後初 | トップページ | いけいけドンドン »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514273/30782446

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のパフォーマンス:

« 日経平均9連騰 バブル崩壊後初 | トップページ | いけいけドンドン »