FX お薦め書籍

本当に日本株式は軟調ですねえ。手に負えません。

株安で少し円高に振れました。少し静かな感じです。良い感じです。カナダドルにジックリ狙いを定めてその時を待ちます。神経戦です。イライラとして動けば負けです。流れが変わるのを待つだけです。流れに逆らっても駄目、凪状態なら動かずにいようと思います。

そんな時は、本を読み直すのも良いかなと思います。お薦めは『田平雅哉のFXスイングトレードテクニック』です。本のタイトルにはスイングトレードテクニックとありますが、この本の大切な部分は投資技術よりも投資哲学こそが大事だと述べてある所だと思います。負けて退場する投資家にならないために必要な心掛けが書かれています。私も参考にして、負けない投資家になれるように、さらに勉強して頑張りたいです。

田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES) Book 田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES)

著者:田平 雅哉
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミステリー

正月休みも今日明日の2日間になりました。結局、風邪も完治しないままです。友人の宅への訪問もキャンセルし、家でダラダラしてます。動くと体がだるいので本を読んでます。私はミステリーが好きです。最初に嵌ったのは京極夏彦です、質、量、共に結構読み応えがあります。

この休み中に、「DZ(ディーズィー) 小笠原 慧 」 と「殺人の門 東野圭吾」を読みました。東野圭吾の作品は外れがないですねえ。簡単に物語に引き込まれます。DZは読みやすい本ですが、医学専門用語が少し邪魔なのと、エンディングが少し強引でした。よかったら皆さんも読んでみて下さい。今日から、宮部みゆきの「火車」を読もうと思います。

殺人の門 (角川文庫) Book 殺人の門 (角川文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DZ(ディーズィー) (角川文庫) Book DZ(ディーズィー) (角川文庫)

著者:小笠原 慧
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)